賭博法で捕まるんじゃ?


既にご承知の通り、日本には非常に厳しい賭博法という法律があります。
(正確には「賭博法」という名称ではありませんが、便宜上こう呼んでおきます。)

 

で、この賭博法では友達同士でやる賭け麻雀でも、
度が過ぎれば逮捕されます。

 

その他一切のギャンブルはご法度という法律です。

 

で、許されるギャンブルはお上が取り仕切っているもの、
つまり公営ギャンブルばかりです。

 

つまり、競馬、競輪、競艇、宝くじ、LOTO、BIG、ナンバース
などなどです。

 

keiba1

 

このような厳しい法律の状況下、
果たして「リアルマネー=現ナマ」を賭けることができ、
勝てば引き出せ、また現実に高額賞金をゲットしている。

果たしてこういう行為が許されるのでしょうか。

 

 

実は賭博法という法律は、
賭けの胴元側と顧客側の、両方の違法性が揃って、
初めて成り立つ犯罪です。

 

つまり胴元と顧客の双方を同時に検挙することで、
罪に問えるということです。

 

で、ここでオンラインカジノを見てみると、
確かに顧客側は賭けの行為を行っていますが、
胴元側はカジノが合法の国の厳しいライセンスを取得して、
合法的にインターネットを介する形でサービスを提供している訳です。

 

ワイルドジャングルカジノのライセンス
wj67

 

要するに日本の賭博法の、胴元側・顧客側双方の違法性は
成立しえないことになります。

 

つまり、今これを裁くための法律が存しないということです。

完全合法とも言えないのですが、
今の時点でこれを裁く法律がない状態なのです。

 

もちろん、これまでこのようなオンラインのギャンブルで、
検挙された日本人は皆無です。

 

またカジノ法案の成立に向けての世間の動きや、
世界の動向を見ると、こういったサービスに対して、
規制が厳罰化する方向にはなく、
むしろ規制が緩和される方向にあるように思えます。

 

また日本人は元々米欧にモノが言えない国ですから、
海外で合法的に取得されたカジノライセンスに対しても、
多分文句を言えないのではないか、と感じます。

 

このような現況の元、オンラインカジノ、
そしてその中の一つであるワイルドジャングルカジノについても、
今現在のようなお金を賭けてプレイできる
環境となっている訳です。

 

余談になりますが、
日本にはパチンコという訳の分からないギャンブルがあり、
このパチンコに限っては、完全に賭博法違反で、かつ、
賭博法が必要とする要件を満たしているにも拘わらず、
堂々とまかり通っています。

 

pachinko2

 

最近では
新聞に折り込みのチラシなども入る悪しき状況となっています。

 

パチンコ業界と日本社会の決して明かされない癒着が
そこにはあるのでしょうが、
実はこのパチンコ業界が最も恐れているのが
オンラインカジノの発展とカジノ法案の成立ではないでしょうか。

 

こういったところから横やりが入る可能性が皆無とは言えませんが、
今のカジノ合法化の大きな波には彼らも逆らうことはできないでしょう。

 

よこしまで、かつ不純な動機からの反対なので、
正面を切って声高に叫べないのが彼らの弱みですね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ